2009年12月22日

エイズ検査に保健所まで足を運べない、というあなたに。

このブログでは

エイズウィルス、HIVの抗体検査が

保健所に行かずに

自宅から郵送する形で

匿名で受けられる検査キットを

ご紹介しています。


エイズ検査を受けたことがないあなた、

保健所に足を運んで

人と顔を合わせて検査を受けるのに抵抗がある、

というあなた、

あるいは、

HIV感染、エイズについてニュースなどを聞いた時は、

少しは気になるが、

すぐに忘れてしまう、という

あなたに、

申し込みを考えていただきたい検査キット、

だと申し上げました。

先日、

12月1日は、

エイズ検査の受診を勧めるキャンペーン、

などを行なう、

「世界エイズデー」でした。

しかし

今年の「世界エイズデー」は、

日本では

例年よりも

大きく取り上げられることはなかったような
気がします。

今年は、

その他、政治、経済、社会と、

いろいろ大変な出来事が起こったからかも

知れません。

それに関連して、

「世界エイズデー」の前に、

次のようなニュースがありました。


新型インフル影響?エイズ検査件数が大幅減

 全国の保健所などで無料実施しているエイズウイルス(HIV)検査の件数が、7〜9月は約3万3000件にとどまり、ピークだった昨年10〜12月の3分の2に減ったことが24日、厚生労働省エイズ動向委員会の調査でわかった。


 同委員会は「新型インフルエンザの流行で、エイズに関心が向きにくくなっているのでは」と分析している。

 検査件数はこれまで年々増加し、四半期ごとのまとめで昨年10〜12月は4万9776件に達した。だが、今年に入って減少を続け、7〜9月は3万3312件。エイズに関する相談件数も4万3549件で、昨年10〜12月より約2万件減少した。

 減少の理由としては、新型インフルエンザのほか、公共広告機構(現ACジャパン)によるPRが今年6月末で終了した影響も考えられるという。同委員会委員長の岩本愛吉東京大教授(感染症学)は「深刻な事態。12月1日の世界エイズデーのイベントなどを通じ、検査の重要性を周知したい」と話している。

(読売新聞 2009年11月24日20時47分配信)



新型インフルエンザの影響か

は正確には分からない、

とのことですが、

「○○○○○だから」という

何か他の理由でエイズ検査に行かない人が増える、

という現状にあるのは確かなようです。

ここで質問ですが、

もし、

あなたが

今までエイズ検査を受けたことがない、

なら、

それはどういう理由からでしょうか。


エイズ検査に行くように勧めている、

テレビCMやキャンペーンを見たことは

あるとは思います。


今のところ自分ではエイズに感染していない、

と思っていて、

いや、関係ねぇし、

と思っている、


というケースだけではなく、

気になるけど実際、検査する所まで足を運んで、

検査を受けるのには抵抗がある、


というケースもあると思います。

なぜ検査に行くのに抵抗があるのか?

今のところ自分ではエイズに感染していない、

と思っていても、

エイズ検査というものが、

健康チェックくらいの感覚で受けられるようになれば、

受けてみようかという気になるかも知れませんが。


そして、

なぜ検査に行くのに抵抗があるのか?

ということは、

以前の記事にも書きました、

エイズに対する偏見、

というものがあるでしょう。


でも

その他に

エイズ検査に行くのに足が重くなる

理由
はないでしょうか。

まず

普通

エイズ検査行くには、

「最寄の保健所に行ってください」

と言われます。

まず、

「最寄の保健所ってどこ?」

ってことがありませんか、

また

最寄とされている保健所の場所は知っているが、

「知ってるけど遠い」

ということもあるかと思います。

そもそも

そういう検査を受けに、

専門の検査機関に足を運ぶということ自体に、

抵抗がある、


ということもあるかも知れません。

また、

最近は、

寒いので外に検査まで行くのがイヤだ、

ということもあるかも知れません、


そんなつまらないことで・・・

というようなことは言いません。


言いませんが、

冒頭に引用した新聞の記事にあるように、

エイズ検査を受ける人が減ることを

専門家の人は

「深刻な事態」

と言ってますね。

なぜ、

「深刻な事態」なのでしょうか?


前回記事で書いたように、

日本では、

HIV感染が増加の一途をたどっています。


具体的な数字はそちらで確認してもらって、

たとえば、

Yahoo!JAPANの「世界エイズデー」特集では、

かつて

「日本では一日に3人がHIVに感染しています」

だったのが、

去年は

「日本では一日に4人がHIVに感染しています」

そして

今年の特集ページでは

「日本では一日に4.3人がHIVに感染しています」


となっています。


HIV感染が増加している中、

検査を受ける人が減っていくことは、

確かに「深刻な事態」でしょう。

あなたのため、

そして

今の、あるいは将来の

あなたの大切な人のため

この検査キットがお役に立てば、

と思います。


        コチラをクリックしてご購入ください
          ↓ ↓ ↓



名前無しで採取した血液を検査機関に送り、

検査結果は、

インターネットにPCや携帯で、

アクセスする方法で見られますので、

誰にも知られずに検査が受けられます。

また、

このキットによる検査の信頼性ですが、

検査は国の認可を受けた登録衛生研究所で
行なわれる
もので、

そして、

その検査結果も

誰にも顔を合わせることなく、

インターネットにPCや携帯で、
アクセスする方法で見られます。


        コチラをクリックしてお申し込みください
          ↓ ↓ ↓



さらに

ご自宅や職場に届けられるのを避けたい、

といあなたには、

局留めによる配送も行なっています。


詳しくは商品紹介ページを。

        コチラをクリックしてお申し込みください
          ↓ ↓ ↓











posted by 福智円満 at 02:54| エイズ 感染症検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。