2008年11月26日

日本のHIV感染の深刻さ

エイズについて気になっている方に

HIV感染について、

日本で昨年、新たにHIVに感染者した人が1000人を大きく超えたこと、
日本国内のHIVの感染者、エイズ患者の数は
増加の一途をたどり、歯止めがかかっていない、
という現状についてのニュースをお伝えしてきました。

このブログで
日本国内のHIVの感染者、エイズ患者の数は
増加の一途をたどり、歯止めがかかっていない、
というニュースをお伝えしたのは、
わずか3ヶ月前のことですが、
現状は・・・さらに深刻になっているようです。

↓ ↓ ↓

HIV新規感染者が過去最多 感染・患者累計、初めて1万5000人超す

厚生労働省のエイズ動向委員会は19日、

今年7月〜9月に新たに報告された国内のエイズウイルス(HIV)感染者数は294人で、

4半期ベースで過去最多を更新したと発表した。

今期で、昭和60年の報告開始以降、初めて感染者・患者数が1万5000人(薬害患者除く)を突破した。 

新規のエイズ患者数は119人で、過去2番目に多かった。


言うまでもなく、この1万5000人という数字は、検査を受けるなどして判明した感染者の数、
という意味です。

気がかりな事がある、という方はもちろん、

エイズについて
まず大丈夫と感じられている方も、
一度チェックしてみるのはいかがでしょう。

ところが

「エイズ」という病気にはまだ偏見が大きく、
そういう心配のある人も簡単に検査を受けに行くのには足が重くなる、
という実状があります。


そこで、このブログでは

自分がHIVに感染しているかを
匿名で、自宅でカンタンに検査ができることが可能な
商品とサービスを紹介しています。

          お申し込みはコチラをクリック
          ↓ ↓ ↓



自分が感染した身に覚えが全くない、という人も、
これだけ「エイズ」について言われると、
本当に大丈夫かたらーっ(汗)と、
確認したい、と思われている人が多いのでは?

届いた商品の中の採血キッドで血液を採取し、ろ紙に血液を染み込ませて検体を検査機関(国認可の登録衛星検査所)に郵送する(名前なしで可)というシステムです。

ポストに投函する形で可です。

検査結果はPC、携帯でインターネットにアクセスして確認できます。

※自宅で血液を取り自宅ですぐに結果が出るものではありません。

また
申し込みの際、
この検査キッド自体、自宅、職場に郵送されることにも抵抗を感じる人は局留めも出来ます。
外装無地ダンボール、送り状には「日用品」と記載されて届くので安心です。

特に心配をされている方に・・・
心配な行為があった時から、3ヶ月後より判別検査が可能です。

          お申し込みはコチラをクリック
          ↓ ↓ ↓



HIV(エイズウイルス)の感染者数は増加の一途をたどっています。
現在は、男女間の性行為による感染、特に若年層の感染が確実に増えてきています。

この検査キットは、お客様のプライバシーを重視し、匿名(名前なし)で検査を受けるシステムを採用しております。


不安なあなたもこれで安心!!

          お申し込みはコチラをクリック
          ↓ ↓ ↓


posted by 福智円満 at 16:52| エイズ 感染症検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。