2008年09月20日

この検査キットの検査の信頼性について

このブログに訪れたアナタは、
この悩みをとることができる機会に出会われたと思います。

ということで、

エイズウィルス、HIVの抗体検査が保健所に行かずに
自宅から郵送する形で匿名で受けられる検査キットを
ご紹介しています。

ところで、

このキットをご購入した方に向け、
検査結果が出るまでのプロセスについての説明の中の
注意点として、

自宅で血液を取り自宅ですぐに結果が出るものではない、

ということを補足しました。

そこまで簡単に結果が出るものではない、
ということです。(もちろん匿名で検査を受けられる
という説明には変わりありません)

たしかに、
「エイズ検査キット」というものの中には、
自宅で血液やだ液を取り、自宅で検査結果が出る(線から出るか出ないかで判定できる、みたいな)
という説明をした商品も売っています。

そちらの商品のほうが手軽に感じ、
選んでしまうかもしれませんね。

しかし、
どういうメカニズムでそれにより判定可能なのか、
という説明は見たことがありません。

ちょっと想像してみてください。

そういう検査キットを購入して、
自宅で試してみて、
もし
陽性の結果が出た場合には、
あなたはその検査結果を信じられますか?

では、

今回、ご紹介している検査キットの判定検査について
説明します。

これまでご説明してきましたように、

この検査キットは自宅で同封されている採血器具で、
血液を数滴採取して、
検査機関で感染しているか否かを判定するものです。

その検査機関とは、
国の認可を受けた登録衛生研究所です。

この点、疑問に思った方、心配に思われた方が
いらっしゃったかも知れませんので、
補足して説明しました。

        コチラをクリックしてお申し込みください
          ↓ ↓ ↓





posted by 福智円満 at 14:14| エイズ 感染症検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。